【タイ語検定5級対策】これだけは絶対に覚えて!超頻出文法10選 (前編)

タイ語

 

タイ語検定5級対策として超頻出文法を10選紹介します!

 

タイ語検定5級の問題パターンは下記になります。

(筆記)

設問1:穴埋め

設問2:並び替え

設問3:単語問題

設問4:日本語からタイ語

設問5:タイ語から日本語

大問6:タイ語の質問をタイ語で回答

(リスニング)

設問1:単語問題

設問2:タイ語の質問をタイ語で回答

 

5級ではタイ文字ではなく、全てローマ字とカタカナ表記になります。

出題される文法はある程度決まっているので、超頻出文法10選を紹介します。

 

~している

 

kamlaŋ + <動詞> + yùu:~している

 

kamlaŋ + <動詞> + yùu で「~している」という現在進行形の意味になります。
yùu は省略可能です。
未来を表す を付けると、cà + kamlaŋ + <動詞> + yùu :「~しようとしているところ」という表現になります。

 

Point

設問2、設問4、設問5で出題されることがあります。

 kamlaŋ を見つけたら、現在進行形「~している」とすぐに判断しましょう。

 yùu の付ける位置にも注意してください。

 

 

~したい

 

yàak + <動詞> : ~したい

 

 

動詞の前に  yàak を置くと、「~したい」という意味になります。

 

Point

設問1の穴埋めでは  yàakdây と一緒に選択肢を問われることがあります。

yàakdây は「~欲しい」という意味になり、後ろには<名詞>が来ます。

yàakyàakdây で悩む場合は、後ろが動詞名詞かで判断しましょう。

 

 

~したことがある

 

khəəy + <動詞> : ~したことがある

 

動詞の前に  khəəy  をつけると、「~したことがある」「~経験がある」という意味になります。
疑問文は、 khəəy + V ~ + máy ? :「~したことがありますか?」となります。
否定文は、 mây + khəəy + V ~ :「~したことがない」となります。

 

Point

設問2、設問4、設問5で出題されることがあります。

否定文の「~したことがない」も出題されることがあるので、確認しておきましょう。

 

 

~しなければならない

 

tɔ̂ŋ + <動詞> : ~しなければならない

 

動詞の前に  tɔ̂ŋ  をつけると、「~しなければならない」という意味を表します。
否定の mây をつけると、 mây + tɔ̂ŋ + V :「~しなくていい、~する必要がない」という意味になります。

 

Point

設問2、設問4、設問5で出題されることがあります。

否定文の「~しなくていい」も出題されることがあるので、確認しておきましょう。

 

 

~すべき

 

khuan + <動詞> : ~すべき

 

動詞の前に  khuan  をつけると、「~すべき」という意味を表します。
命令に近い助言をする場合に用います。

 

Point

設問2、設問4、設問5で出題されることがあります。

 khuan を見つけたら、「~すべき」とすぐに判断しましょう。

 

 

~したばかり

 

phə̂ŋ + <動詞> : ~したばかり

 

動詞の前に  phə̂ŋ をつけると、「~したばかり」という意味を表します。

 

Point

設問2、設問4、設問5で出題されることがあります。

 phə̂ŋ  を見つけたら、「~したばかり」とすぐに判断しましょう。

「さっき」という意味の  mʉ̂akîi と一緒に使われることが多いです。

 

 

~してください ①

 

chûay ~ nɔ̀y : ~してください

 

chûay ~ nɔ̀y は、「~してください」という意味で、相手に何かをお願いする場面で使います。

 

Point

設問1、設問4、設問5で出題されることがあります。

 pìt :消す の反対の  pə̀ət :つける も一緒に覚えましょう。

 

 

~してください ②

 

karunaa ~ : ~してください

 

karunaa  は、「~してください」という意味を表します。

お願いするときなフォーマルな言い方なので、親しい人に使うことはありません。

一般的には、会社などで使われます。

 

Point

設問2、設問4、設問5で出題されることがあります。

karunaa  は文頭につけることを覚えておきましょう。

 

 

~してはいけない

 

hâam + <動詞> : ~してはいけない

 

動詞の前に  hâam  をつけると、「~してはいけない」という意味を表します。

 

Point

設問2、設問4、設問5で出題されることがあります。

下記2文も頻出文なので、一緒に覚えましょう。

  •  hâam cɔ̀ɔt rót thîinîi  :ここで駐車してはいけない
  •  sùup bùrìi thîinîi :ここでたばこを吸ってはいけない

 

 

~してみる

 

lɔɔŋ ~ duu : ~してみる

 

lɔɔŋ ~ duu  は、「~してみる」という意味を表します。

 

Point

設問2、設問4、設問5で出題されることがあります。

duu  の付ける位置に注意してください。

 

 

まとめ

 

この記事では、タイ語検定5級対策として超頻出文法を10選紹介しました。

 

今回紹介した文法10選と後編で紹介する10選を覚えておけば、かなり合格に近づくと思います!

あとは単語を1つでも多く覚えて、タイ語検定に挑みましょう。

 

【タイ語検定5級対策】これだけは絶対に覚えて!超頻出文法10選 (後編)
タイ語検定5級対策として超頻出文法を10選紹介します! タイ語検定5級の問題パターンは下記になります。 (筆記) 設問1:穴埋め 設問2:並び替え 設問3:単語問...
タイ語
スポンサーリンク
mikarinをフォローする
みかりんのバンコク駐在妻BLOG