【タイ語検定5級対策】これだけは絶対に覚えて!超頻出文法10選 (後編)

タイ語

 

タイ語検定5級対策として超頻出文法を10選紹介します!

 

タイ語検定5級の問題パターンは下記になります。

(筆記)

設問1:穴埋め

設問2:並び替え

設問3:単語問題

設問4:日本語からタイ語

設問5:タイ語から日本語

大問6:タイ語の質問をタイ語で回答

(リスニング)

設問1:単語問題

設問2:タイ語の質問をタイ語で回答

 

5級ではタイ文字ではなく、全てローマ字とカタカナ表記になります。

出題される文法はある程度決まっているので、超頻出文法10選を紹介します。

 

~ある

 

yùu + <場所> : <場所>にある

 

yùu + <場所>  で「<場所>にある」という意味になります。
「持っている」という意味の ” mii ” と非常に間違えやすいです。

<場所>を表すときは  yùu  を使いましょう。

 

Point

設問1、設問2、設問4、設問5で出題されることがあります。

下記も一緒に覚えましょう。

  • yùu + A kàp B : AとBに間にある
  • yùu +  troŋ khâam A : Aの向かい側にある
  • yùu +  klây kàp A : Aの近くにある

 

 

~につき

 

<期間> + lá + 数字 + khráŋ : <期間>につき~回

 

<期間> + + 数字 + khráŋ  で「<期間>につき~回」という意味になります。

 

Point

設問1、設問2で出題されることがあります。

タイ語検定5級だと、<期間>= aathít  が多いです。

1週間に3日 = aathít    3 wan  という言い方も一緒に覚えましょう。

 

 

~すぎる

 

<形容詞> + kəən pay : ~すぎる

 

<形容詞> + kəən pay で「~すぎる」という意味になります。

 

Point

設問2、設問4、設問5で出題されることがあります。

順番を問われることが多いため、 kəən pay形容詞の後 に来ることを覚えておきましょう。

 

 

~より

 

A + kwàa +B : BよりA

 

A + kwàa +B  で「BよりA」という意味になります。
2つのものやことを比較する場合に使います。

 

Point

設問2、設問4、設問5で出題されることがあります。

kwàa は、AとBの順番を問われることが多いので、注意しておいてください。

 

 

最も~

 

<形容詞> + thîi sùt : 最も~

 

<形容詞> + thîi sùt  で「最も~」という意味になります。

 

Point

設問2、設問4、設問5で出題されることがあります。

順番を問われることが多いため、 thîi sùt  は 形容詞の後 に来ることを覚えておきましょう。

 

 

~だが~

 

tɛ̀ɛ ~ : ~だが、しかし~

 

 tɛ̀ɛ は、「~だが、しかし~」という逆説を表す接続詞です。

 

Point

設問2、設問4、設問5で出題されることがあります。

 tɛ̀ɛ  を見つけたら、逆説~だが、しかし~とすぐに判断しましょう。

 

 

~もしくは~

 

A + rʉ̌ʉ + B : AもしくはB ?

 

 A + rʉ̌ʉ + B は、「AもしくはB?」という意味を表します。

rʉ̌ʉ “自体に疑問詞の意味が含まれているため、文末に  máy をつける必要はないです。

 

Point

設問2、設問4、設問5で出題されることがあります。

順番を問われることが多いため、 rʉ̌ʉ  は 選択肢の間 に来ることを覚えておきましょう。

 

 

もし~ならば

 

thâa ~ , kɔ̂ɔ ~ : もし~ならば

 

 thâa ~ , kɔ̂ɔ は、「もし~ならば」という仮定を表す接続詞です。英語でいう if になります。

 

Point

設問2、設問4、設問5で出題されることがあります。

 thâa を見つけたら、仮定文もし~ならばとすぐに判断しましょう。

必ず文頭に置くことを忘れないでください。

 

 

~だから~

 

<原因・理由> + kɔ̂ɔ ləəy +<結果>:~だから~

 

<原因・理由> + kɔ̂ɔ ləəy +<結果> は、「~だから~」という意味を表します。
原因・理由を先に言い、「だから」をつけて、結果を後で説明するという順番です。

 

Point

設問1、設問2、設問4、設問5で出題されることがあります。超頻出文法なので、必ず覚えましょう。

設問1(穴埋め)では、 phrɔ́  と一緒によく問われます。

<原因・理由> + kɔ̂ɔ ləəy +<結果> という順番を頭に叩き込みましょう。

 

 

なぜなら

 

<結果> + phrɔ́ + <原因・理由> : ~なぜなら~

 

<結果> + phrɔ́ + <原因・理由> は、「~なぜなら~」という意味を表します。

結果を先に言い、「なぜなら」をつけて、原因・理由を後で説明するという順番です。

 

Point

設問1、設問2、設問4、設問5で出題されることがあります。超頻出文法なので、必ず覚えましょう。

設問1(穴埋め)では、 kɔ̂ɔ ləəy と一緒によく問われます。

 <結果> + phrɔ́ + <原因・理由> という順番を頭に叩き込みましょう。

 

 

まとめ

 

この記事では、タイ語検定5級対策として超頻出文法を10選紹介しました。

 

今回紹介した文法10選と前編で紹介した10選を覚えておけば、かなり合格に近づくと思います!

あとは単語を1つでも多く覚えて、タイ語検定に挑みましょう。

 

 

タイ語
スポンサーリンク
mikarinをフォローする
みかりんのバンコク駐在妻BLOG